wikiリヒトの自称ニューバージョンです。本家様は情報が古いので最新の知見を紹介したいと思います。

上洞人

旧石器時代の中国中原に分布していたホモサピエンス。クロマニョン人の一種。
現在のエスキモーやメラネシア人?等とも形質が類似しており、現代東アジア人の共通祖先とクロマニョン人との混血集団だったと見られている。
しかし港川人縄文人とは形質的に程遠く(頭型、脳容量、身長など)別集団だった。
最新の全ゲノムの比較研究では、華北集団とほぼ同じクラスタに属することが判明し、形質的にも遺伝子的にも縄文人とは別系統である。

形質

  • 現代人よりも脳容量がやや大きい。
  • 頭型は高度の長頭(頭が前後に非常に長い)。
  • 非常に彫が深くまた直顎でクロマニョン人と類似。
  • 男で身長174cmと身長が高く、骨太で骨格筋が発達していた。
  • 埋葬文化を持っていたようだ。

ギャラリー


最古の中国人、田园洞人の復元図。上洞人(山頂洞人)よりも若干年代が古いですが、出土場所は同じです。
全ゲノム解読では、現代華北中国人の直系祖先でありアメリンドとも近縁と判明、またクロマニョン人と共通する成分も確認されました。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

メニュー

オーストラロイド

コーカソイド

ネグロイド

管理人/副管理人のみ編集できます